ホーム

生活習慣病・糖尿病に関するご案内

甲状腺に関するご案内

指導科だより
<11.糖尿病と歯周病>
1.歯周病とは
歯周病菌の細菌感染による慢性炎症疾患です。
歯肉と歯槽骨の炎症で、放置すると歯肉の腫れや出血、排膿を繰り返し、全身の色々な所にも影響します。
日本人の約7割に歯周病の症状がみられ、特に40歳以上では、8割の方が罹患しています。
糖尿病患者さんは、2〜3倍歯周病に罹りやすいです。
歯周病は6番目の糖尿病合併症と言われています。
糖尿病の合併症
1. 糖尿病性網膜症
2. 糖尿病性腎症
3. 神経障害
4. 動脈硬化症
5. 足病変(壊疽)
6. 歯周病(第6番目の合併症)
2.歯周病と血糖の関係
3.歯周病の予防には

ポイント 内  容
@歯磨き
毎食後歯を磨き、口の中を清潔にしておきましょう。
デンタルクロス(糸ようじ)や歯間ブラシも活用しましょう。
寝る前の歯磨きは特に丁寧に行いましょう。
A歯科医院に受診
定期的に歯のチェックを受けましょう。
B生活習慣
食事  バランスを意識した食事をしましょう。
    糖分が多く含まれる食品は控えるようにしましょう。
運動 適度な運動で体重を安定させ、身体の抵抗力を高めましょう。
睡眠 睡眠をしっかりとり抵抗力をたかめましょう。


歯周病も『生活習慣病』なので、糖尿病同様に生活習慣に気をつけることが大切です。
[グルコピア日立] 内科|糖尿病内科|甲状腺内科
〒317-0052 茨城県日立市東滑川町1-38-10 Tel:0294-27-7211 Fax:0294-27-7212