ホーム

生活習慣病・糖尿病に関するご案内

甲状腺に関するご案内

指導科だより
<12.糖尿病と高血圧>
1.どうして糖尿病と血圧は関係があるのでしょうか…?
血糖値が高いと、血管が硬くもろくなり、動脈硬化を起しやすくなり、高血圧の合併症を引き起こします。糖尿病と同様に血圧も生活習慣が関係します。
2.家庭血圧(起床時や就寝前)を測定しましょう。
 *家庭血圧の基準値は… 135/85mmHg以下です。
 *正しい血圧測定方法は・・・?
@起床時の血圧測定法 A夜間の血圧測定法
・起床1時間以内に測定する
・座って1〜2分間安静後に測定する
・トイレを済ませた後に
・朝食やお薬の前に測定する
・就寝前に測定する
・座って1〜2分間安静後に測定する
 
 *病院での血圧測定は緊張することも多いので、家庭で血圧を測定し持参すると
  診察時の参考になります。
3.高血圧を予防するポイントは…?
  @ 減塩する。(高血圧の方は1日6g未満に)
A 野菜は多く摂取し、肉類は控えめにする。
B 運動をする。
C ダイエットをする。
D 禁煙をする。
4.減塩のポイントは…?
  @ 調味料は少なめにし、直接かけずに小皿にとってつける。
A 素材の味やダシの旨みをいかす。
B 汁ものは1日1杯にし、麺類の汁は飲まないようにする。
C インスタント食品を控えるようにする。
5.塩分の多い食品(塩分量)
食品名
梅干1個 塩鮭(甘塩)
1切れ100g
たくあん3切れ あじの開き1枚 味噌汁1杯
塩分量 2.2g 2.6g 1.3g 1.7g 2g

食品名
かまぼこ
2切れ(50g)
しらす干し
(大さじ2杯)
たらこ1/2腹 うどん1人分 ラーメン1人分

※スープ残すと塩分2〜2.5g

※スープ残すと塩分3.5〜4g
塩分量 1.3g 0.4g 1.8g 4〜5g 7〜8g
参考:万有製薬 高圧血症の食事療法パンフレット

塩分を摂り過ぎると血液量が増加する為(水分量が増加)血圧を上昇させますので気をつけましょう。
[グルコピア日立] 内科|糖尿病内科|甲状腺内科
〒317-0052 茨城県日立市東滑川町1-38-10 Tel:0294-27-7211 Fax:0294-27-7212