ホーム

生活習慣病・糖尿病に関するご案内

甲状腺に関するご案内

指導科だより
<17.インスリンのむだ使いを避けましょう>
血糖は、食べたり、甘い飲み物を飲んだりすると上がります。
インスリンは通常、食後に血糖が上がると膵臓から出され、血糖を調節します。

間食をすると・・・
食事以外の時間に血糖が上がるため、インスリンを出す回数が多くなります。
インスリンは一生の中で使える量(持って生まれた量)が決まっています。
インスリンは1日3回(朝食、昼食、夕食の時のみ)使うようにして、膵臓の負担を減らしましょう。
少しの量でも食べたり、甘い飲み物を飲んだりすると間食になるので、血糖が上がり、インスリンも分泌されますので注意しましょう。

[グルコピア日立] 内科|糖尿病内科|甲状腺内科
〒317-0052 茨城県日立市東滑川町1-38-10 Tel:0294-27-7211 Fax:0294-27-7212