ホーム

生活習慣病・糖尿病に関するご案内

甲状腺に関するご案内

指導科だより
<19.糖尿病と眼の合併症>
糖尿病の合併症には、眼の合併症、糖尿病性網膜症があります。
糖尿病になってから、平均7〜8年して、じわじわと発症し、2型糖尿病では、糖尿病とわかった時には、すでに網膜症が進んでいることがあります。
糖尿病性網膜症は、失明原因の上位を占めています。1年間に約3500人の糖尿病患者さんが失明していると言われています。
糖尿病網膜症とは・・・
  正常な網膜 単純網膜症 前増殖網膜症 増殖網膜症
網膜の
進行の
様子
眼底所見

@点状出血
A硬性白斑
(脂肪や蛋白質の
 沈着)
B毛細血管瑠
@軟性白斑
(血管が詰まりが
 出来る)
A静脈の異常
@新生血管
A硝子体出血/
網膜剥離
自覚症状の
有無
なし ほとんどなし あり
視野に黒い影
視力低下
受診間隔の
目安
年1回 3〜6ヶ月ごと 1〜2ヶ月ごと 2週間〜1ヶ月ごと

糖尿病を悪化させず、網膜症にならない為には・・・
 
・ 食事は3食摂取し、バランスよく食べましょう。
・ 間食はせず、食べたいときは、朝食や昼食時に一緒に食べましょう。
・ 甘い飲み物は、血糖値を上げるので飲まないようにしましょう。
・ 適度な運動を取り入れましょう。

生活習慣を守り、定期的に眼科に受診しましょう。

[グルコピア日立] 内科|糖尿病内科|甲状腺内科
〒317-0052 茨城県日立市東滑川町1-38-10 Tel:0294-27-7211 Fax:0294-27-7212