ホーム

生活習慣病・糖尿病に関するご案内

甲状腺に関するご案内

指導科だより
<2.運動編>
運動は、心身をリラックスさせ、インスリンの効きを良くする作用がありますので効果的に取り入れましょう。
1)ウオーキングの方法
ウオーキングをする時の姿勢により運動効果を上げることができます。また、身体に運動効果が残るのは48時間と言われています。常に運動効果を持続するには、週3回以上で30分程度の運動をしましょう。
週3回以上の運動を!
2)どのような運動が良いのでしょうか…?
有酸素運動(ウオーキングや水泳等)です。
糖をうまく消費しながら行う運動ですので血糖を下げるのに有効な運動です。
3)食物摂取エネルギーと運動の消費カロリーは?
これらの
食品は
80kcalです。
ごはん1/2杯50g 林檎150g1/2個 干し芋25g
80Kcalを消費するには、これだけの運動が必要です。
ウオーキング 25分 水泳クロール 16分 ラジオ体操 20分
掃除機がけ 30分 洗濯干しと取込み 30分 入浴とシャンプー 30分
有酸素運動が一番効果的ですが、なかなか運動が出来ない時は、日常生活の中で、動くことは運動につながりますので、生活の中で動くようにしましょう。
【次回の指導科だよりは間食です】
[グルコピア日立] 内科|糖尿病内科|甲状腺内科
〒317-0052 茨城県日立市東滑川町1-38-10 Tel:0294-27-7211 Fax:0294-27-7212