ホーム

生活習慣病・糖尿病に関するご案内

甲状腺に関するご案内

指導科だより
<21.食事の摂り方と血糖値の関係>
食事の摂り方により、食後の血糖値が変動します。
同じメニューで、炭水化物から先に食べて、野菜を後に食べ、早食いで、良く噛んで食べない場合と、野菜から先に食べ、1口30回良く噛んで、ゆっくり食べた場合の食後の血糖値の変動を見たグラフです。
1.早食いで炭水化物から先に食べた場合のグラフです。
食後1時間の血糖値が上昇していることがわかります。

2.野菜から先に食べ、ゆっくりと良く噛んで食べた場合のグラフです。
食後1時間の血糖値の変動が少ないことが解ります。

ゆっくりと良く噛んで食べることで、脳に食べているシグナルが伝わります。
また、野菜を先に食べると、満腹感が得られ、ご飯量を抑えることができます。
その結果、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。
野菜を先に食べ、1口30回、良く噛んで、ゆっくりと食べるようにしましょう。
(CGMパターンで解決 糖尿病治療テクニック引用)


[グルコピア日立] 内科|糖尿病内科|甲状腺内科
〒317-0052 茨城県日立市東滑川町1-38-10 Tel:0294-27-7211 Fax:0294-27-7212