ホーム

生活習慣病・糖尿病に関するご案内

甲状腺に関するご案内

指導科だより
<24.室内運動>
運動は、血糖を下げるだけではなく、肥満の解消、骨粗鬆症、認知症の予防、ストレス軽減などの効果があります。この運動は室内で行う5分間運動です。
椅子2つ使用します。椅子の代わりに、テーブルや壁を代用しても効果を得られます。
@屈伸体操 足を大きく開き、つま先を外側に向ける
背もたれに手を置き、屈伸を10回行う
Aもも上げ体操 背もたれに手を置き、足を前後に開く
後ろの足を前に持ち上げる。
同じ動作を左右10回ずつ、計20回行う
B沈み込みもも上げ体操 背もたれに手を置き、足を前後に開く
少しかがんだ状態から
後ろに引いた足を前に持ち上げる
同じ動作を左右10回ずつ、計20回行う
C片足曲げ体操 背もたれに手を置き、足を前後に開く
つま先はしっかり前に
膝がつま先より前に出ないように
かがんですっと立つ
リズミカルに左右10回ずつ、20回行う

血糖コントロールや筋力維持の為にも、運動は必要です。
5分間運動を継続することで、筋力維持につながります。
膝や腰に痛みがでないように、無理せず、ご自身の体調に合わせながら、行いましょう。

参照:中野ジェームズ修一 『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』から抜粋
[グルコピア日立] 内科|糖尿病内科|甲状腺内科
〒317-0052 茨城県日立市東滑川町1-38-10 Tel:0294-27-7211 Fax:0294-27-7212