ホーム

生活習慣病・糖尿病に関するご案内

甲状腺に関するご案内

指導科だより
<6.お酒編>
お酒を飲む機会が増える時期です。
お酒には、アルコールが必ず含まれています。お酒の種類によっては糖質も含まれています。
お酒はブドウ糖の代謝にさまざまな影響を及ぼし、体内で中性脂肪の分解を低下させ合成を高める作用があるため、中性脂肪を高めたり、脂肪肝の要因となります。
アルコールの種類によりカロリーの違いはどのくらいあるでしょうか?
アルコールのカロリーをごはんにすると何膳分に相当するでしょう。

ごはん
(100g)
168kcal
として
日本酒180ml(1合)
アルコール度数:15.1%
糖質:7.4g
カロリー:185kcal
 1.1杯分
ビール350ml(1缶)

アルコール度数:5%
糖質:10.5g
カロリー:147kcal
 0.9杯分
発泡酒350ml(1缶)

アルコール度数:5.5%
糖質:11.9g
カロリー:158kcal
 0.9杯分
発泡酒 糖質0 350ml(1缶)

アルコール度数:4%
糖質:0g
カロリー:84kcal
 0.5杯分
焼酎 100ml(1/2カップ)

アルコール度数:25%
糖質:0g 
カロリー:142kcal
 0.8杯分
ワイン 100ml

アルコール度数:11.6%
糖質:1.5g
カロリー:73kcal
 0.4杯分
ウイスキー 60ml (ダブル)

アルコール度数:40%
糖質:0g
カロリー:135kcal
 0.8杯分

飲酒することにより・・・
1.食欲が亢進したり、酔って気分が大きくなり食べ過ぎてしまい、指示カロリーが守れない。
2.高カロリーのおつまみを食べてしまう。(からあげ・フライ等)
3.飲酒量が過量になる。
お酒は、食事療法の乱れにつながります。糖尿病との相性が悪いので、肝機能が悪化すると、血糖値が上昇し、血糖コントロールが不良となり、糖尿病の悪化の要因となります。
※ごはんの量でカロリー表示をしましたが、お酒を飲んだ分、ごはんを減らせばよいという事ではありません
[グルコピア日立] 内科|糖尿病内科|甲状腺内科
〒317-0052 茨城県日立市東滑川町1-38-10 Tel:0294-27-7211 Fax:0294-27-7212